Home

福夢札
福夢札は、良い夢を見るため枕の下に敷く縁起物です。
吉夢は福を招くとされ、七福神が乗った宝船の絵に回文歌を書きつけてあります。
※吉夢は福を招くとされ、古くから「夢合わせ」「夢占」と云って、夢で吉凶を占います。縁起の良い夢を見る為に「福夢札」を枕の下に敷く習わしがあります。
『ながきよのとおのねぶりのみなめざめなみのりぶねのおとのよきかな』の歌は、回文歌(かいぶんか、かいもんか)と云われ、上から読んでも、下から読んでも同意となる縁起の良い歌です。
また、一富士、二鷹、三なすびも、縁起の良い夢の順とされます。
この福夢札を枕の下に敷き、今年の福をお招き下さい。


初詣特別記念品
福夢札プレゼント券
(1月中有効)
一月中に来宮された方に、初詣記念品として福を招く縁起品の『福夢札』を授与いたします。
このページを印刷し、下記ご記入の上、受付までお持ち下さい。
(期間中に限り、本券持参のお一人につき一体とします)
ご記入いただいた本券は拝殿に供えられ、御神前に奉告されます。また、諸行事のご案内などをお送りいたします。

〒(      −       )

ご住所
    -----------------------------------------------

    -----------------------------------------------
(フリガナ)
ご芳名
    -----------------------------------------------
生年月日  M・T・S・H    年     月     日
      --------------------------------------------
tel  (        )        −
    -----------------------------------------------
e-mail
    -----------------------------------------------