Home

神道の神髄 大祓神事のご案内

人・家・自動車の清めはらい

御加護を戴き運を開くためには心身の浄化が必要不可欠です


おおはらえ

かたしろはらい


 神道は、「清浄・正直の宗教」といわれます。それは、「清浄」でなければ、神様の如何なる恩頼(みたまのふゆ)も御利益も決して現れる事が無いからです。神道は「清浄」を最も重んじます。その最高の神事が我が国上代の古くから伝わる「大祓」です。

 私達は日常知らず知らずのうちに様々な罪(つみ)や過ちを犯し、気がつかぬ内に「罪穢れ(つみけがれ)」となり心身に積み重なっています。こうした「罪穢れ」が 災厄(わざわい)や病気のもとになる為、神様に祈って祓い清め、身も心も清浄な姿に立ち戻るための神事がこの「大祓」です。心の穢れ、身の穢れ、その他諸々の穢れを祓い清めて浄化し、平素の自己の言動を反省し、清く明るい生活を送る中に神様の光が働きます。

 当宮では毎朝大祓を宣読し、ありとあらゆる罪穢れを形代に託し祓い清めます。下記の要項に「罪、穢れ、願い事」を託してお申し込み下さい。

申込要項
形代の種別 ひとかたしろ
人形代
「罪・穢れ」を形代に託してご返送下さい。
心身を浄化致します。
初穂料500円以上御心持ち
※初穂料3000円以上御奉納の向きには「御幣」「御守」をお送りします
くるまかたしろ
車形代
お車を浄化し、運転されるご家族の無事安全を祈願致します。 一台につき1000円以上御奉納の向きには「交通安全御神符」をお送りします。
いえかたしろ
家形代
家屋を浄化し無事安全を祈願致します。 初穂料3000円以上御奉納の向きには「家屋安全清祓御神符」をお送りします
お申込 申込入力画面よりお申し込み下さい。   申込入力画面
受付完了次第、「形代」をお送りします。初穂料は、形代に同封の「郵便振替用紙」にてお納め下さい。
大祓祈祷神事 形代到着の翌朝にご奉仕致します。
尚、6月中のお申込分は水無月大祓(6/30 午後4時)、12月中のお申込分は師走大祓式(12/31 午後4時)に執り行います。6月・12月の大祓式にはご参列頂くことができます。


申込入力画面 Home