Home
御神札奉斎の時期について
 新年の御神札を神棚にお祀りする時期については、『旧年中』『新年元旦』どちらでも構いません。
 旧年中に御神札を受けた場合は、旧年の御神札を出し、神棚をきれいに掃除した後、新年の御神札を中に納め、初詣の際に旧年の御神札をお返しします。
新年になってから受ける場合も、やはり旧年の御神札を出し、神棚をきれいに掃除した後、初詣の際、旧年の御神札を神社にお返しし新年の御神札を受けて帰り、神棚に納めます。
 どちらが正しいという事はありませんが、新年を迎えるに当たっては神棚神殿をきれいに掃除した後、新年の御神札をお祀りする事が大切です。