**厄年・厄祓い**
数え年で男の25・42歳の前後3年間と61歳、女の19・33・37歳の前後3年間と61歳は『厄年』です。
心身に顕著な変化が起こり、日常生活に様々な凶現象が現れたり、災難が起こりやすい年です。
中でも、男41〜43歳、女32〜34歳・36〜38歳を『大厄』と云い最も災厄が降りかかりやすい年です。(42は死に歳、33は散々歳などともいいます)
また『八方ふさがりの年廻り』『廻り厄年』も厄年の一種で運気が衰退し衰運・凶運を招きやすい年廻りです。
この期間、厄災を避けるためにはその年の早い時期に『厄除開運祈祷』を受けますが、心身運気の変調を完全に避け、その年を大吉運に変えることは困難です。厄年を自らその年の戒めとして、環境・周囲との調和を重んじ、不摂生を慎み、あらためて自己を省みることが重要です。冬の次には暖かく希望に満ちた春が待っている摂理ですから次の飛躍に向けて力を蓄える時期と考えて下さい。そして、厄年からぬけた年には、必ず神様への御礼詣りを忘れないことが重要です。
また、『暗剣殺』『五黄殺』など、その年々の『凶方位』というものも生活に様々な影響を与えます。これに対しては『方除(方災除け)の祈祷』を受けますが、厄年と同じく人生の上で重要な決定をする前にもう一度熟考し、自重・忍耐をもって時期を待つという心構えが重要です。
要は、『厄除』『方除』とも、自らの力だけでは動かせぬ大きな力を自覚し、城山八幡宮様の御神前で謙虚に守護を祈ると共に、厄年とは「自省を旨とし、大きな飛躍の為の準備を教える人生の指針である」と理解することが大切です。
★厄除開運祈祷
1)初穂料
5000円〜10000円
2)お問い合せ
052-751-0788
亮info@shiroyama.or.jp
驪pagetop
麗今年の厄年
黎各種御祈祷案内
戀home