**恋の連理木(れんりぼく)**
漣祈りが良縁を呼ぶ恋のパワースポット『縁結びの御神木』

★境内の西北、本殿裏手の参道沿いには連理木と呼ばれる古木があります。
この木は自生のアベマキが古くなったもので、樹高15m、名古屋市内最大のアベマキです。地上約3mの所から二幹に分かれ、6m程で再び合一して、そこから上にも枝を出しています。
連理木は一つの枝が他の枝とつらなり、木目が通じたもので、古来吉兆とされ、男女の永遠の契りの象徴とされます。
縁結び、夫婦円満の御神木として信仰され、この木のもとで出会った男女が結婚する等のできごとが多くあります。
『恋の三社めぐり』の一ヶ所でもあり、カップルや良縁を願う参拝が絶えません。
真剣な祈りは、必ず奇跡を呼びます。それは人の魂と樹の霊と神さまの霊が出会うことで実現されるのです。
祈りの力を信じることがその第一歩です。
驪pagetop
麗恋の三社めぐり
黎各種御祈祷案内
戀home